生命保険会社を徹底比較しました!

生命保険の徹底比較!

生命保険の徹底比較! TOP

生命保険の見直しは、プロに任せて無駄を省く! もれなくJCB商品券5000円分をプレゼント

「生命保険」というものを御存じでしょうか?おそらく、多くの人が「生命保険」についてある程度のことを知っており、中には既に加入しているという人もいれば、家族のことを考えてこれから生命保険に入ることを検討しているという人もいることでしょう。

「生命保険」と聞くと、万が一死亡した時に保険金が下りるものだと考えている人が多いのではないでしょうか。勿論、生命保険からは万が一死亡した時にも残された家族に対して保険金がおります。おりる保険金は毎月かけている保険料やプランによって異なってきます。

また、「生命保険」は、こういった万が一死亡した時の場合以外にも、万が一病気にかかってしまい、入院したり、病気が原因で仕事をすることが不可能になってしまった場合にも保険金が下りるものがあります。病気が原因で障害が残ってしまった場合でも、生命保険によっては毎月の生活をカバーするための保険金が下りる場合があります。

このように、生命保険は、万が一死亡した時だけでなく、病気をしてしまった時にも保険金が下りることから、万が一の大きな出費を防ぐために、また生活の保障として加入しておくと安心なのです。

ランキング1位
WAYS|アフラック(アメリカンファミリー生命)
WAYS|アフラック(アメリカンファミリー生命) Aflac(アメリカンファミリー)のWAYSは、将来に必要となるニーズに合わせて保障内容を自由に決められる生命保険。 働き盛りの時は「死亡保障」ですが、将来「医療保障」「介護年金」「年金」にコース変更できるのが人気の理由。 「医療保障」には、健康祝金が40万円。「介護年金」は公的介護認定になると戻り率120%。「年金」は112.2%で5年間。 保険料の払込期間も、「60歳払込」「65歳払込」「70歳払込」から選べ、負担を考えながら支払える自由度の高い保険です。
 

保障タイプ 終身
払込期間 60・65・70歳
口コミ 口コミ5
ランキング2位
長割り終身|東京海上日動あんしん生命
長割り終身|東京海上日動あんしん生命 低解約返戻金終身保険で保険料が割安になっている点が魅力です。 低解約返戻金期間を過ぎてからの解約は払込保険料を超える解約返戻金が支給され、貯蓄や運用としても価値のある生命保険です。 保障は一生涯続きます。 保険料払込期間は1歳きざみで選ぶ事が可能なので、ライフプランを建てやすいと言えるでしょう。
 

保障タイプ 終身
払込期間 60歳
口コミ 口コミ5
ランキング3位
がん保険、医療保険、傷害保険|アメリカンホームダイレクト
がん保険、医療保険、傷害保険|アメリカンホームダイレクト ○アメホのがん保険:ガンの経験や既往症をお持ちの方でも、簡単な健康告知が全て「いいえ」であればお申込みいただける「ガン保険」
○アメホの医療保険:持病がある方でも、4つの簡単な健康告知が全て「いいえ」であればお申し込み頂ける医療保険。持病・既往症の再発・悪化も補償、入院・手術の補償に加えて、先進医療補償もお選びいただけます。
○アメホの傷害保険:一口2800円から申込めるシニア世代向けのケガの保険。万が一の時のお葬式の費用や、ケガの治療実費を補償します。

保障タイプ 保険内容ごと
払込期間 保険内容ごと
口コミ 口コミ5
ランキング4位
医療保険「OKメディカル」、「がん治療保険」、一生涯の医療保険「セルフガード60」|アクサ生命
医療保険「OKメディカル」、「がん治療保険」、一生涯の医療保険「セルフガード60」|アクサ生命 ○「OKメディカル」:一生補償の医療保険。持病のある方や過去に入院・手術をされた方でもOK。病気やケガによる入院・手術を一生涯保障。ご契約前からの持病の悪化・再発も保障します。
○「治療保障のがん保険」:がん保険は従来のような入院のみではなく、これら全ての治療に対応した、「治すこと」に特化したガン治療保険。
○「セルフガード60」:病気やケガによる入院を一生涯保障。公的医療保険制度の対象となっている約1,000種類の手術、放射線治療を保障。さらに生活習慣病・三大疾病・先進医療への保障も可能。

保障タイプ 保険内容ごと
払込期間 保険内容ごと
口コミ 口コミ5

女性専門の生命保険見直しサービス、女性のFP多数在籍、女性の目線で無料で相談に乗ります!

生命保険の詳細

生命保険は、万が一死亡した時におりる保険金のためだけではなく、病気をして入院をした時や、病気が原因で障害が残ってしまったり、病気が原因で仕事をすることが不可能になってしまった場合にも保険金が下りる場合があります。こういった保険金は、一定期間、一定額が降りるものもあれば、仕事が出来ない間はずっと保険金が下りるものなど、様々な種類があります。こういった保障内容は、生命保険のプランや種類によって異なり、保障内容によって、毎月支払う保険料なども換わってきます。

多くの場合には、保険料は、保障される内容が多ければ多いほど毎月支払う保険料は高くなり、保障される保障金が高いほど保険料も高くなります。生命保険の中には、万が一の死亡のときのみだけに保険をかけることも可能で、その場合には万が一の病気の時には保険金はおりないものの、毎月の支払いは比較的安くなる傾向があるようです。

こういった保険料については、それぞれの保険会社によって異なることから、生命保険を選ぶ際には、保障される内容と共に、どのくらいの金額が保障されるのか、そして毎月の支払いはどのくらいになるのかなどということをきちんと確認するようにしましょう。


生命保険を比較してみよう

生命保険には、様々な種類があり、提供しているプランや保障内容などは、生命保険会社によってそれぞれ異なります。それでは、生命保険の会社にはどのようなものがあるのか、気になるという人もいることでしょう。そんな人のために、ここでは、幾つかの生命保険会社の例をあげて生命保険会社を比較しています。

生命保険の会社は数多くあり、それぞれの生命保険ごとに提供しているプランや保障内容などが異なってきます。生命保険にはどのようなプランがあって、どのようなものが保障されるのか、また毎月の保険料はどのくらい支払うのかなど、生命保険会社ごとに比較してみました。これから生命保険への加入を考えている人は、まずはここで生命保険を比較して、自分のニーズや目的にあった生命保険会社はどこなのか、またどんなプランなのかを明確にさせましょう。

生命保険会社を比較してみることで、より自分に合った生命保険を選ぶことができるようになります。

生命保険は、一度始めたらそう簡単に変更できるものではありません。そんなことからも、生命保険を選ぶ際には、じっくり検討し、生命保険を比較しながら自分の納得のいく条件の生命保険を選ぶようにしましょう。

生命保険の見直しは、プロに任せて無駄を省く! もれなくJCB商品券5000円分をプレゼント

トップページ

 

ホーム | | |